「NPO日本食育インストラクター協会」認定! 服部幸應先生の「食育講座」♪

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

食育(しょくいく)について

食育(しょくいく)は日本の内閣府や小学校、保育園でも注目されています。食育は政府、厚生省から保育所まで子供を健やかに健康に育てる方法として子ども、幼児に最適な育て方といえるでしょう。

食育指導士、食育インストラクターの資格をもって活躍している人も近年増えてきています。

食育は農林、学校のほかマクドナルドやグリコでもとりいれられています。食育は文部科学省も注目しており、子どもだけでなく大人の食育にも大変重要といえます。

食育にとりくんでいる千葉の小学校や幼稚園では、食育指導士のもと地産地消の考えもとりいれながら実践しているところもあるようです。

ちなみに2005年6月10日は「食育基本法」という法律も成立しました。

しかし、「食育」と一口にいっても網羅する内容は本当に多岐にわたり、また「食育」の名のもとに実に多くの情報が氾濫しています。

さらにこの「食育」に関しては文部科学省・厚生労働省・農林水産省と3省が合同で取り組んでいます。3省合同で同じテーマに取り組むということは非常に画期的、かつ、それだけ大きな問題だということです。

これは私達が「食」ということに関して、それだけ真剣に考えていかなくてはいけないということも意味しています。

食育の指導といえば松居一代さんや服部先生が有名ですね。食育指導士や食育インストラクターの講座も開催されています。これらの食育講座は通信講座でも行われています。
こうした食育の資格を取得する人も増えてきています。

また食育をとりいれた給食をだす小学校、労働における水産給食科学、地産地消
のおかずやごはん、食育白書にもとづいた食育指導を行う機関もあります。

食育指導計画を推進するための食育インストラクター、食育指導士も年々増えてきていて、小学校ではクイズをとりいれた食育の基本授業やイラストを使った食育学会講座も人気です。

食育アドバイザーやアンケート・教育、絵本や紙芝居をつかった食育レシピ・おやつなどもあり食育コンクールも開催されています。

食育に関する教材や本(たくさんのタイトルがあります)やゲーム、カルタ、食育問題にとりくんでいる活動もあり、食育の意味や指針をだす企業もふえてきています。

食育に関する法律・条例や食育にともなう栄養学、食育の必要性も近年重視
されるようになり、食育の講演や食育イベントも各地で開催されています。

食育についてはインターネットで調べれば詳しい情報をゲットすることもできますし食育のフォーラムやホームページもあります。

食育を学んで安全な野菜の知識やご飯の作り方、食育大辞典や協会でだしている食育講座をもとに自分で学んで、必要なら食育指導士や食育インストラクターを目指してみるのもいいでしょう。

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

食育の基礎知識

食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。

食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。

単なる料理教育ではなく、食に対する心構え、栄養学や伝統的な食文化についての総合的な教育といえます。

なお、食育という言葉は、明治時代に西洋医学・栄養学否定運動を展開した陸軍漢方医、石塚左玄が『通俗食物養生法』(1898年(明治31年)「今日、學童を持つ人は、體育も智育も才育もすべて食育にあると認識すべき」)で造語しましました。

数年後の1903年(明治36年)に小説家村井弦斎も『食道楽』(「小児には徳育よりも、智育よりも、体育よりも、食育が先き。体育、徳育の根元も食育にある。」)で使用したが、この2人以外による明治〜昭和初期の使用例は、未だ発見されていません。

なお、食育教育については、医学博士・料理評論家である服部幸應(はっとりゆきお)先生が第一人者です。

服部幸應先生主催の食育指導士、食育インストラクター講座(通信講座)も開催されています。

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

食育と6つの「こ飯」(孤食、個食、固食、小食、粉食、濃食)

現在はロハスやオーガニックブームもあり、食育にみられる健康食も浸透してきましたが、その反面、食生活が健康に不安を抱える人が増えています。

乳幼児や、以前は糖尿病、高血圧などの生活習慣病の子どもが増え続けていることも事実です。

とくに家庭での食育や食事習慣につい考えてみることは重要です。

広島朝鮮初中高級学校 元養護教諭 徐千夏さんが食育(6つの「こ飯」)についてこんなことを書いていました。

下記一部抜粋します。(食育記事より)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
6つの「こ飯」

 孤食…ひとり寂しく食べること。親が好きなものを食べさせている状態。
 個食…バラバラ食。家族それぞれが自分の好きなものを食べること。
 固食…自分の好きな、決まったものしか食べないこと。
 小食…いつも食欲がなく、食べる量が少なくてバランスが悪いこと。
 粉食…パン中心の、粉を使った主食を好んで食べること。
 濃食…調理済みや加工食品やマヨネーズ、ケチャップ、味の濃い食べ物。

 小さい頃の好き嫌いは、わがままな、協調性のない性格を作ります。

 子どもの孤食は心の育ちに大きく影響します。

 孤食の機会が多ければ、食事のマナーなどを習得することも困難になり、箸を上手に使えない子どもも増えます。

 すべてを手料理でとはいえませんが、せめて一日一回、一汁一菜を作ってみましょう。

今、食育が大事

 1 食べ物を選ぶ力
  ・献立をみればバランスがわかる
  ・食事は主食、主菜、副菜をそろえよう

 2 食べ物の味がわかる力
  ・見る、におい、かたさ、さわった感じ、音、五感でおいしさを知ろう

 3 料理ができる力
  ・一緒に料理を作ってみよう
  ・家族みんなで食事をしよう

 4 食べ物のいのちを感じる力
  ・自分で野菜を育ててみよう

 5 元気なからだがわかる力
  ・食べ過ぎ、欠食、むし歯に注意
  ・睡眠、運動はたぷり

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

たしかに子どもの頃の「孤食」は大人になってからの食生活や食事マナーにも大きな影響を与えますね。

家族の団欒が一番の食育なのかもしれませんね♪

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

あなたのためのつくる食育

おすすめの食育関連書籍を紹介します。

食育の本はたくさんありますがこの本は食育についてわかりやすく解説していてとてもいいですよ。

ちなみに食育のYahoo!インターネット検定公式テキストです♪

あなたのためのつくる食育 Yahoo!インターネット検定公式テキスト
服部 幸応
インプレスジャパン (2006/05)
売り上げランキング: 77760
おすすめ度の平均: 5.0
5 レシピで縛らず、考え方を学ぶ本
5 検定を受ける以前に大事なことがいっぱい書いてあります。
5 勉強になります!!


内容としては、今日からはじめる「食育」のある食卓ということで、、、

一人暮らしから、忙しい二人暮らし、子育て中の家庭まで、健康的に食事をつくるレシピが満載。野菜、魚、肉レシピの基本から、簡単レシピ、仕込みレシピ、エコロジークッキングまで「つくる食育」がわかります。

写真をふんだんに使って、調理のポイントをわかりやすく解説しています。これから料理をはじめる方はもちろん、調理のコツや献立のバリエーションを増やしたい方にもためになる1冊です。 本誌は、Yahoo!インターネット検定の「食育エキスパート」認定試験に対応しています。

ひとり暮らしから、忙しい2人暮らし、子育て中の家庭まで、健康的に食事をつくるレシピが満載。野菜、魚、肉レシピの基本から、簡単レシピ、仕込みレシピ、エコロジークッキングまで、「つくる食育」がわかります。

著者からのコメント
食育は、「食を通じて人間の生き方を見直してみましょう!」というわたしの提案です。  食べる人の顔を思い浮かべながら、健康を気遣いながら、安全な食材を選び、バランスに注意して、栄養を逃さずにおいしく食べる。(Amazonの書籍紹介より)

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)
タグ:食育

食育の基本は旬の食材を適切に選ぶこと

食育(しょくいく)の基本は旬の食材を適切に選び摂ることにあります。

古来、日本料理は旬の素材を大切にしてきました。

近年は、野菜の促成栽培や魚介類の養殖など季節にかかわらずほとんどのものを食べることができます。

便利になった反面、食べ物の季節感が喪失してきたのも事実です。

昔はビタミン剤も栄養補助食品もありませんでしたから、旬の食材をいただくということが健康を保つ一番の方法だったのです。

食育(しょくいく)本来こうした旬の野菜や魚を大切にし、丁寧に調理していただくことではぐくまれるものです。

たとえば春野菜なら「ふきのとう」「うど」「カリフラワー」、夏野菜なら「トマト」「レタス」「ソラマメ」、秋野菜なら「にんじん」、「生しいたけ」「サトイモ」、冬野菜なら「ごぼう」「ねぎ」「小松菜」などです。

また魚介類であれば、春:「しらうお」「にしん」「はまぐり」、夏:「かつお」「かわはぎ」「きす」、秋:「うなぎ」「いわし」「さけ」、冬:「ほっけ」「たら」「ひらめ」などが旬のお魚です。

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)
タグ:食育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。