「NPO日本食育インストラクター協会」認定! 服部幸應先生の「食育講座」♪

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

食育の基礎知識

食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。

食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。

単なる料理教育ではなく、食に対する心構え、栄養学や伝統的な食文化についての総合的な教育といえます。

なお、食育という言葉は、明治時代に西洋医学・栄養学否定運動を展開した陸軍漢方医、石塚左玄が『通俗食物養生法』(1898年(明治31年)「今日、學童を持つ人は、體育も智育も才育もすべて食育にあると認識すべき」)で造語しましました。

数年後の1903年(明治36年)に小説家村井弦斎も『食道楽』(「小児には徳育よりも、智育よりも、体育よりも、食育が先き。体育、徳育の根元も食育にある。」)で使用したが、この2人以外による明治〜昭和初期の使用例は、未だ発見されていません。

なお、食育教育については、医学博士・料理評論家である服部幸應(はっとりゆきお)先生が第一人者です。

服部幸應先生主催の食育指導士、食育インストラクター講座(通信講座)も開催されています。

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。